童貞であると掲示板で宣言
恋愛はしたくない。体だけの関係が欲しい。恋愛すると仕事に支障がでる。これがきっかけに私はセフレ探しをしていました。もちろん、周りにはそんなことは言えません。私がこの話をするのはいつも飲みに行く居酒屋だけ。1人暮らしで、彼氏はもちろんいないけれど3年くらい異性に触れていないせいか欲求不満が続いていました。今日も仕事が終えていつもの居酒屋へ行きました。

「セフレ探しする人どう思う。」「また、そんな話をしているのか。逆にそんな話をする優子ちゃんが凄いよ。」「だって、Hが大好きだもん。」「見た目はキャリアウーマンていう感じなのに、性格はすけべな女かな。」「あたり。」こんな話を店の前マスターとよく交わしています。今日は給料日という事もあってかどんどんとお酒を飲んでいた私は途中で酔いつぶれてしまいました。目がさめる頃は店は閉店していました。

「ごめんマスター。今すぐ帰るね。」「もう、遅いし泊まっていきなよ。店の上が俺の住まいになってるから。」終電もなく私はマスターの家に泊まることにしました。「優子ちゃん、さっきの話本気なら俺がセフレになろうか。」「えっ。」「俺も店が忙しいからと恋人とか作る余裕ないし、優子ちゃんと同じ仕事好きだし、でもHも好きだしどうかな。」「シャワー借りていいかな。」「あっ、いいよ。」私はマスターに返事はせずにシャワーを借りました。もう私の心は決まっています。今日、久々に抱かれに行きます。
LINEでセフレ募集
LINE掲示板

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:7


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理